2017.10.7 05:03(1/2ページ)

【銅メダル獲得一問一答】白井「日本の面目は保てたかな」

【銅メダル獲得一問一答】

白井「日本の面目は保てたかな」

床運動でF難度「シライ/ニュエン」を決める白井の連続合成写真 (共同)

床運動でF難度「シライ/ニュエン」を決める白井の連続合成写真 (共同)【拡大】

 体操・世界選手権第4日(5日、カナダ・モントリオール)男子個人総合決勝が行われ、白井健三(21)=日体大=が合計86・431点で銅メダルを獲得した。演技後は、改めて2009年大会から個人総合6連覇した内村航平(28)=リンガーハット=の存在の大きさを語った。予選2位の肖若騰(21)が86・933点で初の金メダル、林超攀(22)=以上中国=が86・448点で銀メダルを手にした。

【続きを読む】

  • 男子個人総合決勝で最終種目の鉄棒を終え、笑顔の白井健三。銅メダルを獲得した=モントリオール(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by