2017.10.3 19:04

山岳少年女子で岩手がV 成年女子リードは福井が制し、ボルダリングと合わせ2冠/国体

山岳少年女子で岩手がV 成年女子リードは福井が制し、ボルダリングと合わせ2冠/国体

少年女子ボルダリング決勝 壁を登る岩手・伊藤ふたば。岩手が初優勝した=西条市西条西部体育館

少年女子ボルダリング決勝 壁を登る岩手・伊藤ふたば。岩手が初優勝した=西条市西条西部体育館【拡大】

 国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」第4日は3日、愛媛県の西条市西条西部体育館などで18競技が行われ、スポーツクライミングで争われる山岳の少年女子ボルダリングは、1月のジャパンカップを史上最年少で制した伊藤ふたば(岩手県協会)を擁する岩手が初優勝した。

 成年女子リードは尾上彩(福井県連盟)のいる福井が制し、2日のボルダリングと合わせて2冠を達成した。成年男子ボルダリングは大阪が初制覇した。

 フェンシング、フルーレの少年女子は和歌山(巾下、東、福塚)が4連覇し、少年男子は大分(中村、上野、石井)が優勝。剣道の成年男子は愛媛が制した。

  • 少年女子ボルダリング決勝課題をクリアし笑顔の岩手・伊藤ふたば。岩手が初優勝した=西条市西条西部体育館
  • 少年女子ボルダリング決勝壁を登る岩手・伊藤ふたば。岩手が初優勝した=西条市西条西部体育館
今、あなたにオススメ
Recommended by