2017.10.1 19:31

栃木、少年男子リードはVも成年男子ボルダリング予選は敗退/国体

栃木、少年男子リードはVも成年男子ボルダリング予選は敗退/国体

 国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」第2日は1日、愛媛県西条市西条西部体育館などで18競技が行われ、スポーツクライミングで争われる山岳の少年男子リードは世界ユース選手権の複合のジュニア(1998、99年生まれ)を制した楢崎明智と、茂呂居岳人(ともに栃木県連盟)で臨んだ栃木が優勝した。

 成年男子ボルダリング予選は是永敬一郎、波田悠貴(ともに埼玉県連盟)の埼玉が1位、7月の国際総合大会ワールドゲームズ優勝の緒方良行(福岡県連盟)を擁する福岡が2位で決勝進出。昨年の世界選手権覇者の楢崎智亜(栃木県連盟)がいる栃木は敗退した。

 剣道の成年女子は決勝で愛媛が佐賀に勝ち、初の頂点に立った。

今、あなたにオススメ
Recommended by