2017.10.1 18:19

カナダ国籍選択した美人柔道家の出口クリスタ、学生最後の試合制す/柔道

カナダ国籍選択した美人柔道家の出口クリスタ、学生最後の試合制す/柔道

女子57キロ級で2連覇を果たした出口クリスタ。今後はカナダ代表として東京五輪を目指す=日本武道館

女子57キロ級で2連覇を果たした出口クリスタ。今後はカナダ代表として東京五輪を目指す=日本武道館【拡大】

 柔道の全日本学生体重別選手権は最終日の1日、東京・日本武道館で男女各3階級を行い、女子57キロ級では出口クリスタ(山梨学院大4年)が2連覇を果たした。決勝では竹内鈴(東海大2年)を相手に優勢な展開を演じ、最後は得意の大外刈りで技あり。学生生活最後の試合を締めくくった。

 「2連覇のプレッシャーはありましたが、4年生最後の試合を楽しめてよかった」。美人として知られる柔道家は「4年間、勝ったり負けたりいろいろあったけれど、今日は平均的にいい試合ができたと思う」と納得の表情だ。

 カナダ人の父と日本人の母を持つ。憧れの五輪の舞台に立つため、今年1月にカナダ国籍選択を決断。今夏には手続きを終えた。卒業後は実業団の日本生命に入社、母校の山梨学院大を拠点に稽古とトレーニングを続ける。「これからは国際大会も増えてくる。日本人と外国人のギャップを埋める練習をしていきたい」

 3年後の東京五輪を見据えつつ、まずはカナダ代表として出場する10月末のグランドスラム・アブダビ大会、そして12月初旬のグランドスラム東京大会に照準を合わせる。「グランドスラム東京では、久しぶりに日本人と国際試合を戦うことになる。少しでも自分にプラスにする試合にできたら」と力を込めた。

今、あなたにオススメ
Recommended by