2017.9.29 20:31

安室、2本そろわず敗者復活戦へ「いい波に乗れば勝てると思っていた」/サーフィン

安室、2本そろわず敗者復活戦へ「いい波に乗れば勝てると思っていた」/サーフィン

 2020年東京五輪で実施されるサーフィンの世界ジュニア選手権第6日は29日、宮崎県日向市で行われ、男子は16歳以下の部で上山久里朱が準々決勝1組と準決勝をそれぞれ2位で突破し決勝へ進んだ。安室丈は準々決勝2組を1位で突破したが、準決勝は3位で敗者復活戦最終戦に回った。

 準決勝の安室は意識しているという1本目のスコアが4・50点と伸び悩んだ。2本目の波では鋭い切り返しを3度披露して7・00点をマークしたが後が続かず、最も得点の高い2本のライディングを採用するため及ばなかった。

 それでも技術の高さを見せた手応えはあった様子。「(いい波に)乗れば勝てると思っていた」と話し、敗者復活戦へ自信をうかがわせた。

今、あなたにオススメ
Recommended by