2017.9.30 00:19

北朝鮮が初の平昌五輪出場枠 フィギュアの実力派ペアが確保

北朝鮮が初の平昌五輪出場枠 フィギュアの実力派ペアが確保

フィギュアスケートのペアで平昌冬季五輪出場枠を獲得した北朝鮮ペアのリョム・テオク(左)とキム・ジュシク=ドイツ・オーベルストドルフ(共同)

フィギュアスケートのペアで平昌冬季五輪出場枠を獲得した北朝鮮ペアのリョム・テオク(左)とキム・ジュシク=ドイツ・オーベルストドルフ(共同)【拡大】

 来年2月に韓国で開催される平昌冬季五輪で、北朝鮮が全競技を通じて初めて出場枠を獲得した。核実験、ミサイル発射で朝鮮半島の緊張が高まる中、29日にドイツのオーベルストドルフで行われたフィギュアスケートの五輪予選のネーベルホルン杯でペアのリョム・テオク選手とキム・ジュシク選手のコンビが合計180・09点を出し、残り5を争った出場枠を確保した。

 注目を集めた18歳のリョム選手と25歳で男性のキム選手は2月の札幌冬季アジア大会で銅メダルに輝いた実力派。キム選手は「すごく緊張したけど、コーチは私たちを信じてくれたし、観客も応援してくれた。とてもうれしい」と笑顔で話した。

 北朝鮮が冬季五輪で2大会ぶりに選手団を派遣すれば緊張緩和につながると期待する見方もあるが、五輪に関する質問は遮られ、北朝鮮の女性コーチは「出場するかどうかは北朝鮮オリンピック委員会が決めること」と述べるにとどめた。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by