2017.9.25 19:14

ペアの川口悠子が現役引退、ロシア代表で五輪4位 現地通信社報じる/フィギュア

ペアの川口悠子が現役引退、ロシア代表で五輪4位 現地通信社報じる/フィギュア

バンクーバー冬季五輪 4位に終わった川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組=2010年、カナダ・パシフィックコロシアム

バンクーバー冬季五輪 4位に終わった川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組=2010年、カナダ・パシフィックコロシアム【拡大】

 フィギュアスケートのペアで2010年バンクーバー冬季五輪4位に入った川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組(ロシア)が現役引退を決めたと25日までにロシアのタス通信が報じた。指導するタマラ・モスクビナ・コーチが「川口とスミルノフは来年の平昌五輪の代表に選ばれそうにないため、引退を決めた」と語った。

 愛知県出身で35歳の川口はジュニア時代にシングルで活躍したが、1999年に日本を離れてペアに転向。その後ロシアに渡り、06年に3歳年下のスミルノフとコンビを結成した。五輪出場のために09年にロシア国籍を取得し、09、10年の世界選手権で銅メダル。欧州選手権では2度優勝した。14年ソチ五輪にはスミルノフの右膝負傷の影響で出られなかった。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by