2017.9.24 14:34

【V逸一問一答】羽生「最初にルッツがパンク(回転不足)して…集中はどこかにいってしまった」

【V逸一問一答】

羽生「最初にルッツがパンク(回転不足)して…集中はどこかにいってしまった」

男子フリーの演技を終え、膝に手をやる羽生結弦=モントリオール(共同)

男子フリーの演技を終え、膝に手をやる羽生結弦=モントリオール(共同)【拡大】

 フィギュアスケート・オータム・クラシック 最終日(カナダ・モントリオール23日=日本時間24日)来年2月の平昌五輪で、66年ぶりの2連覇を狙う男子の羽生結弦(22)=ANA=は合計268・24点で2位だった。ショートプログラム(SP)では世界歴代最高得点の112・72点をマークして首位に立ったが、フリーは155・52点にとどまった。元世界王者のハビエル・フェルナンデス(26)=スペイン=が合計279・07点で優勝した。演技後の主な一問一答は以下の通り。

 --体力が厳しかったのか

 「最初に3回転(ジャンプ)の連続は難しいと思った。誰もやったことないので、こんな(高難度な)構成。未体験の領域だった」

 --演技を終えて何かつぶやいた

 「『しょうがねえ』って。(今季の)初戦だった。悔しさという大きな収穫を手に入れることができた。SPの得点や演技内容では『五輪で優勝するぞ』という、自分が強いイメージを与えられたと思う。強い自分を追いかけながら、さらに難しい構成で追い抜いてやろうと思う」

 --昨日(SP)と比べ、体の状態や精神面で違いがあった

 「特にない。良いSPの後のフリーはもちろん難しいと分かっている。ちょっと余計な力が入り過ぎた」

 --高難度な構成で、昨日(SP)より気持ちが入っていた

 「難しいと言っては、おしまい。間違いなく実力不足。もっと練習しないといけない。(右)膝の違和感があって、構成を落としてぐちゃぐちゃになって、終わってしまった。その違和感を覚える練習をしていたのは僕の調整力不足。五輪に向けて体を作りながら、良い試合をし続けなければいけないシーズン。良い初戦だった」

 --今までも悔しい経験をしてきた。きょうの悔しさのレベルは

 「もどかしい悔しさです。やっぱり(4回転)ループを跳べばよかったとも思う。(4回転)ルッツもできなくはない。その点でも、もどかしい」

 --挑戦する方が楽しい

 「競技者なので。やっぱり挑戦しないと僕らしい演技は絶対にできない」

 --気持ちで演技を乗り越えようとしていた

 「最初にルッツがパンク(回転が不足)して、いろいろ考えて、集中はどこかにいってしまった。集中力の弱さはスケート人生の中で永遠の課題。良いときと悪いときの差が激しい」

  • 男子フリーで演技する羽生結弦=モントリオール(共同)
  • 男子フリーで演技する羽生結弦=モントリオール(共同)
  • 男子フリーでスピンする羽生結弦=モントリオール(共同)
  • 男子フリーで演技する羽生結弦=モントリオール(共同)
  • 男子フリーでスピンする羽生結弦=モントリオール(共同)
  • 男子フリーで演技する羽生結弦=モントリオール(共同)
  • 銀メダルを掲げる羽生結弦=モントリオール(共同)
  • 男子フリーの演技を終え、悔しそうな表情で引き揚げる羽生結弦=モントリオール(共同)
  • 優勝を逃し、天を仰ぐ羽生結弦=モントリオール(共同)
  • 優勝したハビエル・フェルナンデス(右)の金メダルを見つめる羽生結弦=モントリオール(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by