2017.9.18 05:00

【佐野稔の舞評論】「真央=3回転半」のような真凜ならではの魅力を

【佐野稔の舞評論】

「真央=3回転半」のような真凜ならではの魅力を

特集:
本田真凜
浅田真央
女子フリーで演技する本田真凜。シニアデビュー戦で優勝を果たした=ソルトレークシティー(共同)

女子フリーで演技する本田真凜。シニアデビュー戦で優勝を果たした=ソルトレークシティー(共同)【拡大】

 フィギュアスケート・USインターナショナルクラシック最終日(16日、米ユタ州ソルトレークシティー)女子はショートプログラム(SP)首位の本田真凜(16)=大阪・関大高=がフリーも131・52点で1位となり、合計198・42点でシニアデビュー戦での優勝を果たした。

 ジュニアからシニアに転身して迎えた初の大会となったが、本田には戸惑いを感じなかった。ただ、もっと自分をアピールする必要がある。

 何でも器用にこなすオーソドックスなスケーターだが、裏を返せば、その選手ならではの“魅力”には欠ける。例えば、引退した浅田真央さんだったらトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)という代名詞があった。本田にも、見る者のハートをわしづかみにするような表現を身につけてほしい。

 基礎点が1.1倍になる演技後半に5本のジャンプを跳んだが、GOE(出来栄え点)は伸びなかった。得点は合計198.42。総じてスコアが出ない印象を受けた大会だったが、世界の上位を狙うなら200点は超えないといけない。

 いかにして上積みを図るか。それにはやはり、自分の“魅力”を身につける必要がある。 (1976年インスブルック五輪代表、77年東京世界選手権銅メダリスト)

今、あなたにオススメ
Recommended by