2017.9.17 05:00

【嘉風ダイアリー】栃ノ心の左変化にも慌てず、騒がず会心の白星

【嘉風ダイアリー】

栃ノ心の左変化にも慌てず、騒がず会心の白星

 大相撲秋場所7日目(16日、両国国技館、観衆=1万816)会心の白星だった。低く当たった嘉風は栃ノ心の左変化にも慌てず、騒がず。一気に前に出て、右手で相手の太い足を取る、足とりで土俵の外に押し出した。

 「冷静に立ち合いに入れたのがよかった。だから、動かれてもよく見えていたと思う」

 これまで8勝14敗と大きく負け越していた難敵を退け、3勝4敗。“借金返済”まであと1勝とした。「きょうは100%に近い状態。それが毎回できればいいけど、できないのが相撲の面白いところ」。3連勝で盛り返してきた関脇に、館内の拍手も一段と大きくなってきた。

 「お客さんの拍手が一番です」。見る者の心を打つ相撲で、白星を積み重ねていく。

7日目結果へ中日取組へ

今、あなたにオススメ
Recommended by