2017.9.17 17:35

「フェアリージャパン」候補など選ぶトライアウト開催 杉本早裕吏らが参加/新体操

「フェアリージャパン」候補など選ぶトライアウト開催 杉本早裕吏らが参加/新体操

新体操日本代表「フェアリージャパン」の団体候補などを選ぶトライアウトに参加した(左から)織田莉子、ベネット・マヤ、鈴木歩佳。音に合わせた動きなどのテストを受けた=東京・北区の国立スポーツ科学センター

新体操日本代表「フェアリージャパン」の団体候補などを選ぶトライアウトに参加した(左から)織田莉子、ベネット・マヤ、鈴木歩佳。音に合わせた動きなどのテストを受けた=東京・北区の国立スポーツ科学センター【拡大】

 新体操日本代表「フェアリージャパン」の団体候補などを選ぶトライアウトが17日、東京都内で行われ、現代表で主将の杉本早裕吏(さゆり、21)=みなみク=らが参加した。

 8月~9月の世界選手権で過去最多となる1大会4個のメダルを獲得した影響もあり、「ジュニア」などのカテゴリーも含めて異例の122人が集まった。受験者は柔軟性やボールなどの手具の基本操作をテストした。

 杉本は「私たちも気を抜いていられない。全員がライバル。その考えを常に心に置いて、上を目指していけたら」と表情を引き締めた。合格者は後日発表される。

  • 新体操日本代表「フェアリージャパン」の団体候補などを選ぶトライアウトに参加した杉本早裕吏。ボールなどの手具の基本操作のテストを受けた=東京・北区の国立スポーツ科学センター
  • 新体操団体の日本代表候補を選ぶトライアウトに参加した杉本早裕吏(左端)ら=国立スポーツ科学センター
今、あなたにオススメ
Recommended by