2017.9.17 16:41

団体のトライアウト開催 世界選手権メダリストの杉本らも参加「もっと上を目指していきたい」/新体操

団体のトライアウト開催 世界選手権メダリストの杉本らも参加「もっと上を目指していきたい」/新体操

 新体操団体の新たな日本代表候補を選ぶトライアウトが17日、東京都北区の国立スポーツ科学センターで行われ、8~9月の世界選手権に主将で臨んで三つのメダルを手にした杉本早裕吏(みなみク)らも参加した。杉本は「全員がライバルなので気を抜いていられない。もっと上を目指していきたい」と気持ちを新たにしていた。

 ジュニア世代なども含めて約120人が参加した。「(世界選手権のメンバーは)メダルを獲得したので、そういう目で見られたと思う」(杉本)と注目を浴びる中で柔軟性や手具操作のチェックを受けた。

 合格者は後日発表される。日本チームは演技の細かな乱れをカバーする対応力を持ち味にしており、日本体操協会の山崎浩子強化本部長は「以前は柔軟性やプロポーションが良ければやれたが、今は器用じゃないといけない」と求める選手像を説明した。

今、あなたにオススメ
Recommended by