2017.9.16 18:00

池江が50自で日本新 自身の記録を更新/国体

池江が50自で日本新 自身の記録を更新/国体

24秒33の日本新で優勝し、歓声に応える池江璃花子=松山中央公園特設プール

24秒33の日本新で優勝し、歓声に応える池江璃花子=松山中央公園特設プール【拡大】

 国民体育大会「2017愛顔つなぐえひめ国体」は16日、松山市の松山中央公園特設プールなどで会期前競技が行われ、競泳の少年女子A50メートル自由形は池江璃花子(東京・淑徳巣鴨高)が24秒33の日本新記録で優勝した。2月に出した自身の記録を0秒15更新した。

 少年女子A200メートルバタフライは長谷川涼香(東京・淑徳巣鴨高)が2分7秒79で制した。成年男子400メートル自由形は江原騎士(山梨・自衛隊)が3分47秒18で勝ち、瀬戸大也(埼玉・ANA)は2位。同50メートル自由形は塩浦慎理(神奈川・イトマン東進)が22秒09の大会新記録で優勝した。

 飛び込みの少年女子板飛び込みは板橋美波(兵庫・甲子園学院高)が324・75点で優勝した。

江原騎士の話「自己ベストを更新できて、いいシーズンの締めくくりになった。最初に突き放して、後半は気持ちよく泳ごうと思っていた」

  • 少年女子A50メートル自由形を24秒33の日本新で優勝し、歓声に応える池江璃花子=松山中央公園特設プール
  • 24秒33の日本新で優勝した池江璃花子=松山中央公園特設プール
  • 24秒33の日本新で優勝した池江璃花子=松山中央公園特設プール
  • 24秒33の日本新をマークし、驚く池江璃花子=松山中央公園特設プール
  • 24秒33の日本新で優勝し、歓声に応える池江璃花子=松山中央公園特設プール
  • 少年女子A200メートルバタフライ決勝2分7秒79で優勝した長谷川涼香=松山中央公園特設プール
今、あなたにオススメ
Recommended by