2017.9.16 20:06

B2奈良、アマチュアチーム相手に苦しい内容の勝利/バスケ

B2奈良、アマチュアチーム相手に苦しい内容の勝利/バスケ

第2クオーター、シュートを放つ奈良・小松(右)=ダイハツ九州アリーナ

第2クオーター、シュートを放つ奈良・小松(右)=ダイハツ九州アリーナ【拡大】

 バスケットボールの第93回天皇杯・第84回皇后杯全日本選手権(日本バスケットボール協会主催、共同通信社共催)2次ラウンド第1日は16日、大分県中津市のダイハツ九州アリーナなど全国3会場で行われ、西日本エリアで男子3回戦に登場したBリーグ2部(B2)の奈良、福岡、香川はそろって快勝し、4回戦に進出した。

 男子でパブリセビッチ元日本代表監督が率いるB2の奈良は、3点リードで折り返した後半に何とかHOKURYO-CLUB(島根)を突き放した。身長2メートル超のセンターにボールを集め、高さに頼る苦しい内容だった。

 最終的には25点差をつけたものの、アマチュアチームにてこずった初戦に指揮官は渋い表情。「後半になってようやく動きが良くなった。勝つという目的意識をしっかり持っていかないといけない」と歯切れが悪かった。

  • 第3クオーター、タイムアウトで指示を出す奈良・パブリセビッチ監督=ダイハツ九州アリーナ
今、あなたにオススメ
Recommended by