2017.9.14 17:54

台風接近で競泳などの日程短縮/国体

台風接近で競泳などの日程短縮/国体

 第72回国民体育大会「2017愛顔つなぐえひめ国体」の大会実行委員会は14日、台風18号接近のため、15~17日に行う予定だった水泳の競泳(松山市)と飛び込み(高知市)を15、16日の2日間に短縮して開催することを決めた。実施種目は変えず、競技順を変更して対応する。

 伊予市で15~17日に予定されているビーチバレーは、15日の予選リーグの全試合を28点1セットマッチに変更、翌日以降の日程については状況を見て判断する。

 大会は30日の総合開会式で開幕するが、一部は会期前競技として9日から実施されている。

今、あなたにオススメ
Recommended by