2017.9.13 23:10

小国が引退を発表「最後が岩佐でよかった」/BOX

小国が引退を発表「最後が岩佐でよかった」/BOX

4R、小国以載(右)を攻める岩佐亮佑=エディオンアリーナ大阪(撮影・岩川晋也)

4R、小国以載(右)を攻める岩佐亮佑=エディオンアリーナ大阪(撮影・岩川晋也)【拡大】

 ボクシングのダブル世界戦各12回戦は13日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で行われ、国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級タイトルマッチは、同級3位の岩佐亮佑(セレス)が王者の小国以載(角海老宝石)に6回2分16秒TKO勝ちし、新王者となった。小国の出血が激しくなり、レフェリーが試合を止めた。

 27歳の岩佐は26戦24勝(16KO)2敗。29歳の小国は試合後に現役引退を表明した。小国の戦績は22戦19勝(7KO)2敗1分け。

 世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級王者の田中恒成(畑中)が、同級13位のパランポン・CPフレッシュマート(タイ)に9回1分27秒でTKO勝ちし、2度目の防衛を果たした。22歳の田中は10戦全勝(6KO)、32歳のパランポンは32戦24勝(10KO)8敗。

小国以載の話「完敗。やっぱり強かった。(自分は)サウスポーにめっぽう弱い。百発百中でもらっていた。1回から4回に全力でいくという作戦だった。(今後は)引退です。すっきりしてます。最後が岩佐でよかった」

セレスジム・セレス小林会長の話「岩佐のことを(最初に)見たときからチャンピオンになれる選手と思っていた。成長をずっと見てきた。本当によかった。おめでとう」

  • 4R、小国以載(右)を攻める岩佐亮佑=エディオンアリーナ大阪(撮影・岩川晋也)
  • 3R、小国以載(右)を攻める岩佐亮佑=エディオンアリーナ大阪(撮影・岩川晋也)
  • 2R、小国以載(左)をダウンさせる岩佐亮佑=エディオンアリーナ大阪(撮影・岩川晋也)
  • 1R、小国以載(右)をダウンさせる岩佐亮佑=エディオンアリーナ大阪(撮影・岩川晋也)
  • 1R、小国以載(右)をダウンさせる岩佐亮佑=エディオンアリーナ大阪(撮影・岩川晋也)
  • 1R、岩佐亮佑(右)を攻める小国以載=エディオンアリーナ大阪(撮影・岩川晋也)
  • 4R、小国以載(右)を攻める岩佐亮佑=エディオンアリーナ大阪(撮影・岩川晋也)
今、あなたにオススメ
Recommended by