2017.9.3 19:33

一ノ瀬、高地合宿の成果でジャパンパラ大会3冠/競泳

一ノ瀬、高地合宿の成果でジャパンパラ大会3冠/競泳

ジャパンパラ水泳で3冠を達成し、笑顔の一ノ瀬メイ=東京辰巳国際水泳場

ジャパンパラ水泳で3冠を達成し、笑顔の一ノ瀬メイ=東京辰巳国際水泳場【拡大】

 障害者競泳のジャパンパラ大会最終日は3日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子で世界選手権(30日開幕、メキシコ市)代表の一ノ瀬メイ(近大)が100メートル自由形(運動機能障害S9)を1分8秒67の大会新記録で制した。

 一ノ瀬は100メートル自由形で自己記録を更新し、今大会は3種目で優勝。標高2000メートルを超えるメキシコ市での世界選手権を見据え、2週間前までスペインのグラナダで日本代表の高地合宿に参加していた。その成果を示し「次につながる結果を残せた」と笑みを見せた。

 世界選手権では「タイムより順位。決勝に残ってメダル争いをしたい」と意気込んだ。

今、あなたにオススメ
Recommended by