2017.8.30 15:28

張本智和、雄たけびが「チョー!」に変化した理由は「(レイを)忘れちゃったんで…」/卓球

張本智和、雄たけびが「チョー!」に変化した理由は「(レイを)忘れちゃったんで…」/卓球

特集:
張本智和
試合に勝利し吠える張本智和  

試合に勝利し吠える張本智和  【拡大】

 卓球のチェコ・オープンの男子シングルスで優勝し、ワールドツアーの史上最年少制覇を達成した14歳の張本智和(エリートアカデミー)が30日、フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜後1・45)にVTR出演。得点を挙げた際に叫ぶ「チョレイ!」が「チョー!」に変化したことを指摘され、苦笑いを浮かべた。

 張本は今大会、接戦を制して勝ち上がり、決勝も元世界ランキング1位のティモ・ボル(ドイツ)に1-2から逆転で勝利した。雄たけびの変化について「今回は接戦が多すぎて、チョーみたいな感じに」と説明。「(レイを)忘れちゃったんで…。今回だけだと思います」と一大会限りの措置と強調した。

 張本は2月のインド・オープンでツアー史上最年少での決勝進出記録をつくり、5~6月の世界選手権個人戦ではシングルスで大会史上最年少のベスト8に入るなど躍進を続けた。今大会はボルを4-2で破り、14歳61日のツアー史上最年少で初優勝。これまでの記録は女子の伊藤美誠(スターツ)の14歳152日、男子では于子洋(中国)の16歳30日だった。

今、あなたにオススメ
Recommended by