2017.8.26 22:02

阿部、近藤らが世界選手権向け調整/柔道

阿部、近藤らが世界選手権向け調整/柔道

男子73キロ級準々決勝 竹内信康(右)に攻められる海老沼匡=兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館

男子73キロ級準々決勝 竹内信康(右)に攻められる海老沼匡=兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館【拡大】

 柔道の世界選手権は28日、ブダペストで開幕する。日本代表は26日にブダペスト市内の柔道場で調整。現地での練習公開はこの日が初めてとなる。

 男子66キロ級で初優勝が期待される20歳の阿部一二三(日体大)は、打ち込みで得意の背負い投げの精度を確認。初出場ながら時折笑顔を見せて気負いは感じられなかったが、練習後は言葉少なに引き揚げた。

 男子60キロ級の高藤直寿(パーク24)、女子48キロ級の近藤亜美(三井住友海上)のリオデジャネイロ五輪銅メダリストは緊張感のある表情。13年以来2度目の優勝を狙う高藤はジャージーの上にコートと手袋を着用して黙々と汗を流し、「順調にきている」と自信をのぞかせた。2大会ぶりの頂点を目指す近藤は軽快な動きを披露した。

 日本男子の井上康生監督ら首脳陣は各選手の動きを観察しながら助言した。練習の冒頭では総本山である講道館の上村春樹館長が激励した。(共同)

  • 男子73キロ級準々決勝で竹内信康(左)に一本負けした海老沼匡=兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館
  • 竹内信康(上)を攻める海老沼匡=兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館
  • 世界選手権を前に練習で汗を流す柔道男子66キロ級の阿部一二三(右)=ブダペスト(共同)
  • 世界選手権を前に井上康生監督(左)の指導の下、汗を流す柔道男子66キロ級の阿部一二三=ブダペスト(共同)
  • 世界選手権を前に、体重調整のためにコートを着て練習する柔道男子60キロ級の高藤直寿=ブダペスト(共同)
  • 世界選手権を前に練習で汗を流す柔道女子48キロ級の近藤亜美=ブダペスト(共同)
  • 世界選手権を前に練習で汗を流す柔道女子48キロ級の近藤亜美=ブダペスト(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by