2017.8.18 01:31

ラストランで途中棄権のボルト、全治3カ月の負傷「残念ながらけが疑う人がいた」/世界陸上

ラストランで途中棄権のボルト、全治3カ月の負傷「残念ながらけが疑う人がいた」/世界陸上

特集:
世界陸上
男子400メートルリレー決勝 脚を痛めて倒れ込み、ゴールを見つめるジャマイカのアンカー、ボルト=ロンドン(共同)

男子400メートルリレー決勝 脚を痛めて倒れ込み、ゴールを見つめるジャマイカのアンカー、ボルト=ロンドン(共同)【拡大】

 陸上の世界選手権で引退した男子短距離の元スター選手、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が17日、同選手権の400メートルリレーで負傷した左太もも裏は約3カ月の治療が必要であることを自身のツイッターで明らかにした。ロイター通信によると患部のエックス線写真を投稿したが、後に削除した。

 ボルトは現役最後となったレースで最終走者を務めたが、途中棄権した。一部で負傷の真偽を問う声があったことを受け、「普段は診断書を公表しないが、残念ながらけがを疑う人がいた。私はファンを裏切ったことはない」などとつづった。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by