2017.8.16 12:45

長谷川氏、プロ初黒星の山中に「負けることは悪いことじゃない」/BOX

長谷川氏、プロ初黒星の山中に「負けることは悪いことじゃない」/BOX

長谷川穂積氏

長谷川穂積氏【拡大】

 プロボクシングの元世界3階級王者、長谷川穂積氏(36)が16日、インスタグラムを更新。15日に行われたWBC世界バンタム級タイトルマッチで、同級1位のルイス・ネリ(22)=メキシコ=に4回2分29秒でTKO負けし、13度目の防衛に失敗した山中慎介(34)=帝拳=にエールを送った。

 同王座を10度防衛した長谷川氏は、「山中チャンプのことを知ってる人間は世界チャンピオン山中慎介が好きなんじゃなくて、人間山中慎介が好きだ。だから負けてもなにも変わらない。負けることは悪いことじゃない、うまくいかないてことを一つ学んだだけ」とプロ30戦目で初黒星を喫した山中のこれまでの偉業をたたえた。

 長谷川氏は2005年4月、ウィラポン・ナコンルアンプロモーション(タイ)から同王座を奪取。10年4月にWBO王者フェルナンド・モンティエル(メキシコ)に敗れ王座から陥落した。同年11月にWBC世界フェザー級王座、昨年9月にWBC世界Sバンタム級王座を獲得し、日本選手4人目の3階級制覇を成し遂げた。世界王座奪取の国内男子最年長記録(35歳9カ月)を打ち立て、同年12月に現役を引退した。

今、あなたにオススメ
Recommended by