2017.8.15 18:43

帰国の多田が次戦へ意気込み「桐生さんに勝って9秒台を」/世界陸上

帰国の多田が次戦へ意気込み「桐生さんに勝って9秒台を」/世界陸上

特集:
世界陸上

 ロンドンで13日まで行われた陸上の世界選手権で3位に入った男子400メートルリレーのメンバーらメダリストが15日、羽田空港に帰国して記者会見し、初出場だった多田修平(関学大)は第1走者として鋭いスタートを切り、日本に流れをつくった。大舞台で持ち味を発揮し「緊張したけれど、うれしい気持ちでいっぱい」と満面の笑みを浮かべた。

 100メートルでは日本人初の9秒台を期待される。次は19日に開幕するユニバーシアード夏季大会(台北)に出場。9月8~10日の日本学生対校選手権(福井)も走る見通しで「桐生さんに勝って9秒台を出せたらいい」と意気込んだ。桐生は同選手権に出場するかは未定としながらも「出たら勝負にこだわる」と話した。

今、あなたにオススメ
Recommended by