2017.8.14 15:32

ボルト、最後のレース完走ならずも「成し遂げてきた事実を変えることはない」

ボルト、最後のレース完走ならずも「成し遂げてきた事実を変えることはない」

 男子短距離界のスーパースター、ウサイン・ボルト(30)=ジャマイカ=は12日(日本時間13日)の400メートルリレー決勝にジャマイカのアンカーとして臨んだが、左脚を痛めてトラックに突っ伏し、途中棄権となった。現役ラストランだったが、有終の美は飾れなかった。

 ボルトは会見で、「キャリアを通じて毎年、僕は自分の力を証明してきた。一つの大会やレースや最後のレースを完走しなかったとの事実が、この競技において僕が成し遂げてきた事実を変えることはないと思っている」と語った。

 今大会を最後に引退をしたボルト。100メートルでは3位だった。

今、あなたにオススメ
Recommended by