2017.8.13 05:01

白鵬、左膝の痛みで巡業休場へ…終盤に再び合流する可能性

白鵬、左膝の痛みで巡業休場へ…終盤に再び合流する可能性

左膝に痛みを抱えながら横綱土俵入りを披露する白鵬(中央)。この日をもって巡業を休場する

左膝に痛みを抱えながら横綱土俵入りを披露する白鵬(中央)。この日をもって巡業を休場する【拡大】

 大相撲夏巡業(12日、仙台市青葉体育館)横綱白鵬(32)がこの日の巡業をもって、急きょ休場することになった。白鵬によれば、7月の名古屋場所前から痛めていた左膝が長時間の移動などで痛みを感じるようになったことが理由。帰京後は治療に専念するが、関係者によれば、東京都内で行われる巡業終盤に再び合流する可能性はあるという。

 7月30日から始まったこの巡業は白鵬以外の日馬富士、鶴竜、稀勢の里の3横綱が休場してスタート。白鵬は一人横綱として土俵入りや綱締め実演、取組をこなしてきた。日馬富士、稀勢の里が合流を果たし、「前半は(自分)一人に託されていたからね。多少の無理もあったかな。2横綱が出てきたし、今度は(2人に)託す」と笑顔もみせた。

 当初は白鵬と稀勢の里が2人で行う予定だった14日の東日本大震災復興土俵入り(岩手・釜石市)は、白鵬の替わりに日馬富士が参加する。同土俵入りは東北地方各地で7年連続で開催されているが、白鵬が不参加となるのは初めて。

 白鵬はこの日、取組には入らず、横綱土俵入りのみを披露した。 (奥村展也)

今、あなたにオススメ
Recommended by