2017.7.26 15:34

ジョコビッチは全米欠場か…ウィンブルドン途中棄権、右肘のけが全治12週間/テニス

ジョコビッチは全米欠場か…ウィンブルドン途中棄権、右肘のけが全治12週間/テニス

特集:
全英オープン

 16日に閉幕したテニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権男子シングルスで右肘の痛みのため、準々決勝を途中棄権したノバク・ジョコビッチ(セルビア)が全米オープン(8月28日開幕、ニューヨーク)を欠場する可能性があることが25日、分かった。地元メディアによると、右肘のけがが最長で全治12週間という。

 ジョコビッチは四大大会で2005年の全豪オープン以降51大会連続出場しており、11年と15年の全米を含む12度制覇している。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by