2017.7.24 10:00(1/6ページ)

【サンスポ×日体大】体操・白井、具志堅学長に語った東京五輪黄金戦略

【サンスポ×日体大】

体操・白井、具志堅学長に語った東京五輪黄金戦略

特集:
サンスポ×日体大
横浜・健志台キャンパスの体操競技館でポーズをとる(左から)畠田監督、白井、具志堅学長。後方には「必勝」と書かれた横断幕が掲げられていた(撮影・荒木孝雄)

横浜・健志台キャンパスの体操競技館でポーズをとる(左から)畠田監督、白井、具志堅学長。後方には「必勝」と書かれた横断幕が掲げられていた(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 2020年東京五輪開幕まで24日であと3年。出身大学別で最多62人の五輪メダリストを輩出している日体大とコラボレーションした長期連載がスタートする。第1回は体操ニッポンが誇るメダリスト3人が登場。個人総合での金メダルを狙う白井健三(20)=3年=が、具志堅幸司学長(60)、畠田好章監督(45)と「3年計画」を語り合った。「ひねり王子」が、具志堅学長、内村航平(28)=リンガーハット=に続く、日体大出身3人目の五輪個人総合王者になる鍵とは-。(取材・構成=東京五輪取材班)

【続きを読む】

  • 白井(右)は具志堅学長にスペシャリストからオールラウンダーへの進化を誓った
  • リオデジャネイロ五輪の体操男子団体総合・決勝で床運動の演技を終えガッツポーズする白井健三
  • リオデジャネイロ五輪、体操・男子団体決勝で跳馬の演技を終え喜ぶ白井健三
今、あなたにオススメ
Recommended by