2017.7.18 09:42

主将欠いた日本、ロシアに完敗 大本監督「歯車がかみ合わなかった」/水球

主将欠いた日本、ロシアに完敗 大本監督「歯車がかみ合わなかった」/水球

第4ピリオド、得点を許すGK棚村(奥)=ブダペスト(共同)

第4ピリオド、得点を許すGK棚村(奥)=ブダペスト(共同)【拡大】

 水泳の世界選手権第4日は17日、ブダペストで行われ、水球は男子の競技が始まり、1次リーグD組の日本は初戦でロシアに8-15で敗れた。

 水球男子の日本は、過去の国際大会で持ち越した出場停止により主将の志水(ブルボンKZ)が不在だったこともあり、ロシアに完敗した。第1ピリオドから守備が機能せず1-5とリードを許し、その後も失点を重ねた。

 1次リーグでロシアと、第2戦の米国に勝つことを目標に掲げたが、早くもつまずいた。大本監督は「歯車がかみ合わなかった。リズムに乗れないまま終わってしまった」と嘆いた。(共同)

  • 第3ピリオド、厳しいマークを受ける稲場(左)=ブダペスト(共同)
  • 第2ピリオド、吉田(上)がゴールを決める=ブダペスト(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by