2017.7.16 22:35

8位に納得の山口「上位8人に入れて良かった」/陸上

8位に納得の山口「上位8人に入れて良かった」/陸上

男子走り幅跳び(知的障害)決勝 8位だった山口光男=ロンドン(共同)

男子走り幅跳び(知的障害)決勝 8位だった山口光男=ロンドン(共同)【拡大】

 パラ陸上の世界選手権第3日は16日、ロンドンで行われ、男子走り幅跳び(知的障害)決勝でリオデジャネイロ・パラリンピック代表の山口光男(パーパス)が6メートル55で8位だった。

 男子走り幅跳びは山口が1回目の跳躍で踏み切りをぴたりと合わせ、6メートル55で8位に入った。期待されたリオ大会では6メートルに届かず、10位に終わっただけに「(6度の試技ができる)上位8人に入れて良かった」と納得の表情だった。

 今季から助走を5メートル長くしてスピードを上げ、5月の知的障害者による世界選手権では銀メダルを獲得した。「東京パラでは7メートル跳ばないとメダルは難しい。目指していきたい」と目標を掲げた。(共同)

  • 男子走り幅跳び(知的障害)決勝8位だった山口光男=ロンドン(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by