2017.6.29 19:41

IOC、東京五輪組織委にチケット転売防止策求める

IOC、東京五輪組織委にチケット転売防止策求める

 2020年東京五輪の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会と大会組織委員会などの合同会議は29日、東京都内で第2日の協議を行い、IOCはチケットの転売防止策を講じるよう組織委に求めた。

 組織委によると、日本にはチケットを定価よりも高い値段で転売する行為を取り締まる法律はなく、担当者は「法制化による規制を国に要請することも視野に対応を検討しているとIOCに伝えた」と話した。

 会場が集まるお台場などの臨海地区を「アーバンクラスター」として整備する計画については今後、IOCと東京側でそれぞれ検討チームを設けることになった。新種目のバスケットボール3人制などを同地区で実施する案は議論されなかったという。

 サッカー会場にカシマスタジアム(茨城県鹿嶋市)を追加することを7月のIOC理事会に提案することも確認した。

今、あなたにオススメ
Recommended by