2017.6.19 11:55

鈴木長官、中学生に五輪挑戦訴え スポーツ庁発掘事業で

鈴木長官、中学生に五輪挑戦訴え スポーツ庁発掘事業で

 スポーツ庁の鈴木大地長官は19日、東京都北区立飛鳥中学校を訪問し、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて全国から有望選手を発掘する「ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト」への応募を呼び掛けた。約300人の生徒に対し、「自分の新たな可能性に挑戦してもらいたい」と訴えた。

 応募は7月6日まで受け付ける。直接懇談した生徒からは「自分が(トップレベルで)やれるのか不安」などの意見が上がり、鈴木長官は「別世界ではなく、もっと身近なことだとアピールしていくことが大事。一人でも多くチャレンジしてもらえるようにしたい」と話した。

今、あなたにオススメ
Recommended by