2017.6.11 17:22

男子200は山下が大会新、女子は中村がV/陸上

男子200は山下が大会新、女子は中村がV/陸上

表彰式後、写真撮影に応じる200メートル男子で優勝した山下潤(下)=ShonanBMWスタジアム平塚

表彰式後、写真撮影に応じる200メートル男子で優勝した山下潤(下)=ShonanBMWスタジアム平塚【拡大】

 陸上の日本学生個人選手権最終日は11日、ShonanBMWスタジアム平塚で行われ、200メートルの男子は山下潤(筑波大)が追い風0・9メートルの条件下、20秒59の大会新記録で優勝した。女子は中村水月(大阪成蹊大)が23秒95で制した。

 男子走り高跳びは長谷川直人(新潟医療福祉大)が2メートル21の大会新記録で優勝。女子3000メートル障害はリオデジャネイロ五輪代表の高見沢安珠(松山大)が10分1秒21で3連覇した。

今、あなたにオススメ
Recommended by