2017.6.10 20:38

高田、日本記録を2センチ更新「きっちり跳べてよかった」/陸上

高田、日本記録を2センチ更新「きっちり跳べてよかった」/陸上

 日本パラ陸上選手権は10日、東京・駒沢陸上競技場で開幕し、走り幅跳びの男子(切断などT47)はリオ大会400メートルリレーで銅メダルを獲得した芦田創(トヨタ自動車)が6メートル87(追い風参考)で制覇。出場1人の女子(視覚障害T11)では高田千明(ほけんの窓口)が4メートル47の日本新記録をマークした。

 高田は、強い追い風が弱まった4回目に自らが持つ日本記録を2センチ更新。「しっかり走って踏み切れれば、自己ベストは確実と思っていた。きっちり跳べてよかった」と喜んだ。

 健常者の女子走り幅跳び日本記録保持者の井村久美子さんが主宰する陸上クラブを1月に訪問し、指導を仰いだという。「すごく分かりやすく教えてもらえた」と成果を口にした。

今、あなたにオススメ
Recommended by