2017.6.10 05:02

桐生、向かい風で…10秒18の6位「もうちょっと」/陸上

桐生、向かい風で…10秒18の6位「もうちょっと」/陸上

10秒18の6位だった桐生祥秀(左)=ローマ(AP=共同)

10秒18の6位だった桐生祥秀(左)=ローマ(AP=共同)【拡大】

 陸上・ダイヤモンドリーグ第4戦ゴールデンガラ(8日、ローマ)男子100メートルの桐生祥秀(21)=東洋大=は向かい風0・2メートルの条件下で10秒18の6位だった。次は23日からの日本選手権(大阪・ヤンマースタジアム長居)に出場する。10秒02で走ったチジンドゥ・ウジャ(23)=英国=が制した。

 桐生は、5日のプラハ国際で10秒1台の前半を2度出した。そこに調整を加えて臨んだはずだったが、9秒台の記録を持つ選手が7人並んだ中で伸びを欠いた。

 「こういう(レベルの高い)メンバーで走っても、力まずいけた。(10秒)1台で走れたのは大きいし、もうちょっとの部分もある。条件が整えば9秒台にいける自信はある」

 次は23日開幕の日本選手権に出場し、その後は国内にとどまって8月の世界選手権(ロンドン)に向けて調整するという。「日本選手権が終わってから1カ月ある。練習したい部分がある」と桐生。後半の修正が必要と感じているそうで、一つ上のレベルを目指し、細かな改善を重ねていく考えだ。

  • 男子100メートル10秒18でゴールする桐生祥秀(中央)=ローマ(共同)
  • 男子100メートルで10秒18の6位だった桐生祥秀(中央)=ローマ(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by