2017.6.9 17:50

パラ走り幅跳びの山本「義足でこれだけ跳べるというところを見てほしい」/陸上

パラ走り幅跳びの山本「義足でこれだけ跳べるというところを見てほしい」/陸上

 日本パラ陸上選手権は10日、11日に東京・駒沢陸上競技場で行われる。出場する有力選手が9日、東京都内で記者会見し、リオデジャネイロ・パラリンピック男子走り幅跳び銀メダルの山本篤(スズキ浜松AC)が「義足でこれだけ跳べるというところを見てほしい」とアピールした。

 同大会は2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、初めて東京で開催される。リオ大会男子400メートルリレーで、山本らとともに銅メダルを獲得した芦田創(トヨタ自動車)は「障害のある選手の動きを見て、何かを感じてほしい。純粋にかっこいいと思われるパフォーマンスをしたい」と意気込みを示した。

 7月には、山本、芦田も出場する世界パラ陸上選手権がロンドンで開催され、代表に選ばれた男子の西勇輝(野村不動産パートナーズ)、女子の中山和美(アクセンチュア)前川楓(チームKAITEKI)も会見に出席した。

今、あなたにオススメ
Recommended by