2017.6.3 05:01

キャバリアーズ、20ターンオーバー…敵地で勝ち目なし/NBA

キャバリアーズ、20ターンオーバー…敵地で勝ち目なし/NBA

決勝第1戦で競り合うウォリアーズのデュラント(奥右)とキャバリアーズのジェームズ(同左)=オークランド(ロイター)

決勝第1戦で競り合うウォリアーズのデュラント(奥右)とキャバリアーズのジェームズ(同左)=オークランド(ロイター)【拡大】

 NBAファイナル第1戦(1日=日本時間2日、米カリフォルニア州オークランド、オラクル・アリーナ)2連覇に向けて好スタートを切れなかった。ルー監督が「ターンオーバーをしてはいけない」と警戒を促していたにもかかわらず、20ターンオーバーで相手を楽にした。チーム最多の28得点をマークしたエースのジェームズは「敵地で20ターンオーバーしたら勝ち目はない」と肩を落とした。

★ジェームズ中心に攻撃が最大の武器

 2連覇を目指す。ヒート時代から7季連続NBA決勝に出場するエースのジェームズが今プレーオフで平均32.5点を挙げている。アービングはカンファレンス決勝第4戦で42得点するなど相手守備を翻弄し、ラブは同決勝5試合で平均22.6得点。攻撃力が最大の武器だ。

今、あなたにオススメ
Recommended by