2017.5.23 11:54

大毅氏、吉田沙保里は「タイソン、メイウェザー、パッキャオみたいなもん」

大毅氏、吉田沙保里は「タイソン、メイウェザー、パッキャオみたいなもん」

特集:
亀田大毅
亀田興毅氏(左)と亀田大毅氏

亀田興毅氏(左)と亀田大毅氏【拡大】

 プロボクシング元2階級王者の亀田大毅氏(28)が22日、ブログを更新。同日のテレビ朝日系「中居正広のミになる図書館」(月曜後・7・54)で、レスリング女子で五輪3連覇の吉田沙保里(34)と“異種格闘技戦”を繰り広げたことについてつづった。1対1の真剣勝負で、吉田が3回バックを取るまでに大毅氏は1回でも吉田の背後を取ることができれば100万円を獲得できるルールで、1分5ラウンドの形式で行われ、0-1で惜敗した。

 「初めてのレスリングで、対戦できた方が吉田沙保里さんって凄くないっすか!」と興奮した様子。続けて「ボクシングでゆうところの、マイクタイソン、メイウェザー、マニーパッキアオ、みたいなもんですからねぇ」(原文ママ)とボクシング界の英雄たちの名を列挙し、吉田の偉大さを強調。「本当に幸せでした。そして強かった…でも凄く疲れたけど最高に楽しかったです。幸せな時間をありがとうございました!!」と充実の表情だった。

 試合は第1、第2ラウンドは大毅氏がしのぎ、両者ポイントなし。第3ラウンドは残り24秒で吉田がスタミナが切れた大毅氏のバックを取った。第4、第5ラウンドは背後を取らせなかったが吉田からポイントを奪えず0-1で敗れた。

今、あなたにオススメ
Recommended by