2017.5.20 05:01

渡辺、自己ベスト更新も3位 世界との差を痛感/競泳

渡辺、自己ベスト更新も3位 世界との差を痛感/競泳

 水泳・ジャパン・オープン第1日(19日、東京辰巳国際水泳場)男女10種目の決勝が行われ、男子100メートル平泳ぎは、渡辺一平(20)=早大=が自己ベストを更新する59秒80で3位に入った。女子200メートル自由形では、池江璃花子(りかこ、16)=ルネサンス亀戸=が1分56秒91で優勝。自身の持つ日本記録には0秒58届かなかったが、積極的なレースで会場を沸かせた。

 渡辺は積極的なレース展開で自己ベストを0秒19更新する59秒80をマークしたが、3位に終わった。優勝した昨年のリオデジャネイロ五輪100メートル金メダルのアダム・ピーティ(22)=英国=に0秒98差をつけられた。「自分らしい泳ぎができたのはよかった。(ピーティには)オーラを感じた」と世界との差を肌で痛感した。

池江璃花子「予想以上にタイムが出ていた。後半の体力がついてくれば(日本記録更新も)いける」

今、あなたにオススメ
Recommended by