2017.5.20 19:08

八角理事長「優勝争いは日馬富士と白鵬が中心だろう」/夏場所

八角理事長「優勝争いは日馬富士と白鵬が中心だろう」/夏場所

白鵬が寄り切りで大栄翔に勝利=両国国技館(撮影・山田俊介)

白鵬が寄り切りで大栄翔に勝利=両国国技館(撮影・山田俊介)【拡大】

 大相撲夏場所7日目(20日、両国国技館)左上腕付近に負傷を抱える横綱稀勢の里は小結御嶽海を寄り切り、3連勝で5勝2敗とした。

 横綱白鵬は平幕大栄翔を寄り切り、横綱日馬富士は小結嘉風を押し出し、ともに7戦全勝。大関昇進を目指す関脇高安は千代翔馬を突き落として連敗を免れ、6勝目を挙げた。トップの2横綱を1敗で追うのは高安だけとなった。

 かど番大関の豪栄道は関脇琴奨菊を突き落とし、大関照ノ富士は隠岐の海を寄り切り、ともに5勝目を挙げた。

八角理事長(元横綱北勝海)の話「優勝回数から考えても、優勝争いは日馬富士と白鵬が中心だろう。隙を見せない。強い横綱がいると締まる。稀勢の里は初日の相撲と全く違う。このままこつこつと(白星を)積み重ねていくしかない」

7日目結果へ中日取組へ

  • 日馬富士が押し出しで嘉風に勝利=両国国技館(撮影・山田俊介)
  • 稀勢の里が寄り切りで御嶽海に勝利=両国国技館(撮影・山田俊介)
  • 稀勢の里が寄り切りで御嶽海に勝利=両国国技館(撮影・山田俊介)
  • 高安が突き落としで千代翔馬に勝利=両国国技館(撮影・山田俊介)
  • 高安が突き落としで千代翔馬に勝利=両国国技館(撮影・山田俊介)
今、あなたにオススメ
Recommended by