2017.5.20 21:34

フェアリージャパン、“プロ”からメークの手ほどき 世界選手権開催の伊も意識/新体操

フェアリージャパン、“プロ”からメークの手ほどき 世界選手権開催の伊も意識/新体操

 新体操の世界選手権(8~9月、ペーザロ=イタリア)に臨む日本代表「フェアリージャパン」が20日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターでオフィシャルパートナーの化粧品大手ポーラの担当者に開催地も意識したメークの手ほどきを受けた。

 遠くからでも分かる目力や立体感を目指し、イタリアをイメージした緑のアイラインを使った。昨年のリオデジャネイロ五輪代表の杉本早裕吏(みなみク)は「去年より明るい感じのメークでテンションが上がった。試合に向けて、スイッチが入る」と笑顔で話した。

 新体操日本代表とポーラは3月末までだったオフィシャルパートナー契約を2021年3月末まで更新している。

今、あなたにオススメ
Recommended by