2017.5.20 20:01

疲れ切った表情のアコスタ「アグレッシブではなかったところが駄目」/BOX

疲れ切った表情のアコスタ「アグレッシブではなかったところが駄目」/BOX

7R、攻める田中恒成(左)=武田テバオーシャンアリーナ(撮影・岩川晋也)

7R、攻める田中恒成(左)=武田テバオーシャンアリーナ(撮影・岩川晋也)【拡大】

 世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級タイトルマッチ12回戦は20日、名古屋市の武田テバオーシャンアリーナで行われ、王者の田中恒成(畑中)が同級1位のアンヘル・アコスタ(プエルトリコ)に3-0で判定勝ちして初防衛を決めた。

 粘り強く田中に食らい付いたアコスタは「いい試合だった」と言いながらも疲れ切った表情で話した。1回から積極的に前に出て、田中をロープ際に追い込むシーンも。それでも「アグレッシブではなかったところが駄目」と3回から徐々に攻められる場面が多くなり、5回は連打でダウンを奪われた。

 悔しい一戦に「機会があればまたやりたい」とリベンジを望んだ。

  • 判定勝ちで初防衛し、観客の声援に応える田中恒成=武田テバオーシャンアリーナ
今、あなたにオススメ
Recommended by