2017.5.20 19:12

参加標準記録到達済みの山本聖途「5メートル75を目標としている」/陸上

参加標準記録到達済みの山本聖途「5メートル75を目標としている」/陸上

 陸上のセイコー・ゴールデングランプリ川崎に出場する有力選手が大会前日の20日、会場の川崎市等々力陸上競技場で記者会見し、男子100メートルに出場するケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は「観客の皆さんにわくわくしてもらえるようなレースができたら。後半を意識したい」と抱負を語った。

 男子棒高跳びの日本勢は今季ここまで好調だ。山本聖途(トヨタ自動車)は既に世界選手権の参加標準記録(5メートル70)に到達。冬場にしっかり走り込んだことが好結果に結びついていると言い「(日本陸連が定めた派遣設定記録Aの)5メートル75を目標としている」と力強く話した。

 今月の記録会で5メートル61を跳び、U20(20歳未満)日本記録を塗り替えた18歳のホープ、江島雅紀(日大)は「参加標準記録を視野に入れて試合を進めていきたい」と意欲をみなぎらせた。

今、あなたにオススメ
Recommended by