2017.5.19 19:29

八角理事長、4勝目の稀勢は「足が動くようになってきた」/夏場所

八角理事長、4勝目の稀勢は「足が動くようになってきた」/夏場所

特集:
稀勢の里
大栄翔の攻めを左胸で受け止める稀勢の里(奥)=両国国技館(撮影・小倉元司)

大栄翔の攻めを左胸で受け止める稀勢の里(奥)=両国国技館(撮影・小倉元司)【拡大】

 大相撲夏場所6日目(19日、両国国技館)横綱、大関陣が安泰。左上腕付近に負傷を抱える横綱稀勢の里は危なげなく平幕大栄翔を浴びせ倒し、4勝目を挙げた。

 横綱白鵬は遠藤を押し出し、横綱日馬富士は碧山を寄り切ってともに6連勝。大関昇進を狙う関脇高安が関脇玉鷲に押し出されて初黒星を喫したため、全勝は横綱2人となった。

 大関陣はかど番の豪栄道が下手投げで小結御嶽海を下し、照ノ富士とともに4勝目を挙げた。

 両横綱を追う1敗は高安と平幕大翔丸、新入幕阿武咲の3人となった。

八角理事長(元横綱北勝海)の話「稀勢の里は足が動くようになってきた。(横綱、大関陣と)当たるころには万全になっているでしょう。高安はいろいろと考えていて、立ち合いに集中できていなかった。当たれていなかった」

6日目結果へ7日目取組へ

  • 稀勢の里が浴びせ倒しで大栄翔に勝利=両国国技館(撮影・山田俊介)
  • 稀勢の里が浴びせ倒しで大栄翔に勝利=両国国技館(撮影・小倉元司)
  • 白鵬が押し出しで遠藤に勝利=両国国技館(撮影・山田俊介)
  • 御嶽海に下手投げを決めた豪栄道=両国国技館(撮影・山田俊介)
  • 下手投げで御嶽海を破る豪栄道=両国国技館(撮影・山田俊介)
  • 宇良が肩透かしで逸ノ城に勝利=両国国技館(撮影・小倉元司)
  • 石浦が押し出しで妙義龍に勝利=両国国技館(撮影・小倉元司)
今、あなたにオススメ
Recommended by