2017.5.18 17:29

井上尚、5度目の防衛戦に自信「いい感じに仕上がっている」/BOX

井上尚、5度目の防衛戦に自信「いい感じに仕上がっている」/BOX

予備検診を終え、結果に目を通しながら記者の質問に答える、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥=東京都文京区(撮影・早坂洋祐)

予備検診を終え、結果に目を通しながら記者の質問に答える、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥=東京都文京区(撮影・早坂洋祐)【拡大】

 ボクシングのダブル世界戦(21日・有明コロシアム)の予備検診が18日、東京都内で行われ、防衛戦に臨む世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥、国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級王者の八重樫東(以上大橋)ら4選手は異常なしと診断された。

 井上尚は挑戦者でWBO2位のリカルド・ロドリゲス(米国)をリーチで5センチ、身長で3センチ上回った。5度目の防衛戦に向け「いつも通り、いい感じに仕上がっている」と自信を示した。

 八重樫は3度目の防衛戦で暫定王者のミラン・メリンド(フィリピン)を迎える。身長で2センチ上回り、リーチは1・5センチ下回った。顔を合わせて「イメージ通り」と落ち着いた様子で話した。

  • 予備検診を終えポーズをとる、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥(右)と挑戦者のロドリゲス=東京都文京区(撮影・早坂洋祐)
今、あなたにオススメ
Recommended by