2017.5.16 05:01

よほどの状況でなければ監督交代なし 日本協会会長が考え示す/バレー

よほどの状況でなければ監督交代なし 日本協会会長が考え示す/バレー

 2020年東京五輪へ向けて始動したバレーボール男子の日本代表が15日、東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで記者会見した。人身事故を起こして公的な活動を自粛している中垣内祐一監督(49)が不在で、フィリップ・ブラン監督代行(56)が強化プランなどを説明した。

 中垣内監督不在の会見冒頭、日本協会の木村憲治会長(71)は「被害者や関係各位に申し訳なく、この場を借りておわびしたい」とあいさつした。監督人事については「(2020年の)東京五輪でメダルを取るには誰が一番ふさわしいかを激論した結果、選ばれた。彼(中垣内氏)にはそれだけの期待をしている」と、よほどの状況でなければ交代はないという考えも示した。

今、あなたにオススメ
Recommended by