2017.4.28 20:22

羽生、スピード小平ら他競技選手と交流「新たな刺激もらえた」/フィギュア

羽生、スピード小平ら他競技選手と交流「新たな刺激もらえた」/フィギュア

特集:
羽生結弦
平昌冬季五輪に向けたJOCの研修会に参加した、スピードスケート女子の小平奈緒=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター

平昌冬季五輪に向けたJOCの研修会に参加した、スピードスケート女子の小平奈緒=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター【拡大】

 日本オリンピック委員会(JOC)は28日、2018年平昌冬季五輪に向け、日本代表候補選手らを対象に連帯感の向上やコンプライアンス(法令順守)の徹底を目的とした研修会を東京都内で開き、フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)やスピードスケート女子の小平奈緒(相沢病院)ら各競技の約260人が参加した。

 輪になって手をつないだ状態でフラフープをくぐるゲームで他競技の選手と親睦を深めたり、警視庁の担当者から反社会勢力に関する講義を受けたりした。羽生は「いろんな人と交流できて、新たな刺激をもらえた」と笑みを浮かべ、小平は「アスリートとしての自覚と責任を持って生きていくことが大切だと思った」と感想を述べた。

 スキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)、フィギュアスケート女子の本田真凛(大阪・関大高)らも出席した。 違法カジノ店での賭博行為で科された試合出場停止処分が、5月に解けるバドミントン男子の桃田賢斗(NTT東日本)も更生プログラムの一環として参加した。研修会は30日まで行われる。

  • 平昌冬季五輪に向けたJOCの研修会に参加した、フィギュアスケート男子の羽生結弦=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター
  • 平昌冬季五輪に向けたJOCの研修会に参加した、フィギュアスケート男子の羽生結弦(中央)=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター
今、あなたにオススメ
Recommended by