2017.4.22 05:04

【今季最終戦終え一問一答】羽生「もっと体力をつけなきゃいけない」

【今季最終戦終え一問一答】

羽生「もっと体力をつけなきゃいけない」

特集:
羽生結弦
男子フリー キスアンドクライでファンの声援に応える羽生結弦=東京・国立代々木競技場(撮影・納冨康)

男子フリー キスアンドクライでファンの声援に応える羽生結弦=東京・国立代々木競技場(撮影・納冨康)【拡大】

 フィギュアスケート・世界国別対抗戦第2日(21日、東京・国立代々木競技場)ショートプログラム(SP)7位と出遅れた男子の羽生結弦(22)=ANA=がフリーで200・49点を挙げて1位となった。日本チームの得点も81点に伸ばし、首位をキープ。

 --SPからどう切り替えた

 「トップと20点離れていて、(新たに4回転)ルッツでも跳ばないと勝てないと笑えてきた。(今大会は)フリーとショート(プログラム)の合計点で競うものではない。みんなの力を使わせてもらった」

 --4回転を5本

 「5回挑んで、後半に3回跳ぶ目標を達成できてうれしい。(後半の)4回転トーループ-シングルループ-3回転サルコーのコンビネーションにして、形として跳ぶことができて満足している」

 --終盤のトリプルアクセルは失敗した

 「疲れが出た。もっと体力をつけなきゃいけない」

 --今季の手応えは

 「アベレージを上げたいと言ってきた。自信になった」

今、あなたにオススメ
Recommended by