2017.4.22 05:00

【絆トーク】真央と樋口新葉がトリプルアクセルでつなぐ貴重な瞬間

【絆トーク】

真央と樋口新葉がトリプルアクセルでつなぐ貴重な瞬間

特集:
浅田真央
公式練習中、トリプルアクセルに挑戦する樋口新葉=国立代々木競技場第一体育館(撮影・納冨康)

公式練習中、トリプルアクセルに挑戦する樋口新葉=国立代々木競技場第一体育館(撮影・納冨康)【拡大】

 フィギュアスケートの今季最終戦となる国別対抗戦で、女子フィギュア界に受け継がれる貴重な瞬間を目にした。

 今月10日、長年日本女子を引っ張ってきた浅田真央さんが引退を表明。その真央さんの代名詞でもあったトリプルアクセル(3A、3回転半ジャンプ)を、今大会の日本女子代表・樋口新葉(わかば、日本橋女学館高)が19日の公式練習で初めて完璧に決めた。

 「ずっと憧れだった選手。来季のプログラムには(3Aを)入れたい」と16歳。平昌五輪の表彰台に日本女子が立てるかは厳しい状況だが、3Aの歴史が受け継がれているのを目の当たりにし、真央さんの影響力の大きさを改めて痛感した。 (五輪競技担当・角かずみ)

今、あなたにオススメ
Recommended by