2017.4.22 05:02

井岡、具志堅に並ぶ世界戦14勝へ「光栄…衝撃与えたい」/BOX

井岡、具志堅に並ぶ世界戦14勝へ「光栄…衝撃与えたい」/BOX

予備検診を受ける井岡(手前)。後ろは挑戦者のノクノイ (撮影・安部光翁)

予備検診を受ける井岡(手前)。後ろは挑戦者のノクノイ (撮影・安部光翁)【拡大】

 ダブル世界戦の予備検診が21日、大阪市内で行われ、5度目の防衛を目指す井岡一翔(28)=井岡=ら4選手全員が異常なしと診断された。

 胸囲が前回より0・4センチ、昨年7月のV3戦と比べると1・8センチも増えた井岡。世界初挑戦のノクノイ・シットプラサート(30)=タイ=を撃破すれば、具志堅用高の世界戦勝利数14に並ぶ。

 検診後、軽めの調整を行った井岡は「具志堅さんは日本ボクシング界のレジェンド。並べるのは光栄なことだし、超えていくためにも大事な試合になる」と気合十分。「見ている人に衝撃を与えたい」と言い切った。

 世界初挑戦の大森将平(24)=ウォズ=は王者のマーロン・タパレス(25)=フィリピン=に身長とリーチで10センチ近く勝ったが、「自分のボクシングをやるだけ」と表情を引き締めた。 (臼杵孝志)

  • WBAフライ級世界戦の予備検診を終え、ポーズをとる王者井岡一翔(右)と挑戦者ノクノイ・シットプラサート=21日、大阪市
  • WBOバンタム級世界戦の予備検診を受ける、挑戦者大森将平と王者マーロン・タパレス(奥)=21日、大阪市
  • 体格比較表
今、あなたにオススメ
Recommended by