2017.4.21 19:05

村田、初世界戦へスパーリング「今まで通りの自分を出すしかない」/BOX

村田、初世界戦へスパーリング「今まで通りの自分を出すしかない」/BOX

 ロンドン五輪金メダリストで世界ボクシング協会(WBA)ミドル級2位の村田諒太(帝拳)が21日、東京都内のジムで、同級1位のアッサン・エンダム(フランス)とのWBA王座決定戦(5月20日・有明コロシアム)へ向けた8ラウンドのスパーリングを行った。

 パートナーをかえながらのスパーリングはやや動きが重かった。「左ジャブに依存して右を打つバランスを崩した」と反省しつつ「スタミナは切れることはなかった。心配はしていない」と語った。

 初の世界戦まで1カ月。「あと1カ月だなとか、こうなるのかなとか考えたりする。でも今まで通りの自分を出すしかない」と冷静に話した。

今、あなたにオススメ
Recommended by