2017.4.20 18:22

メドベージェワ、SP世界歴代最高80・85点!女子初の80点超え/フィギュア

メドベージェワ、SP世界歴代最高80・85点!女子初の80点超え/フィギュア

 フィギュアスケート・世界国別対抗戦第1日(20日、東京・国立代々木競技場)日本など6カ国が参加して開幕。女子ショートプログラムで世界女王エフゲニア・メドベージェワ(17)=ロシア=が自身の世界歴代最高を更新する80・85点をマークし、首位に立った。

 メドベージェワは連覇を飾った世界選手権(フィンランド)のフリーで驚異の154・40点をたたき出し、合計233・41点でともに自身の持つ世界歴代最高得点を塗り替えていた。今大会は昨年12月のグランプリ・ファイナルでマークした自己記録79・21点を上回り、女子初の80点超えを果たした。

 日本勢は世界選手権5位の三原舞依(17)=神戸ポートアイランドク=は72・10点、樋口新葉(16)=東京・日本橋女学館高=は71・41点とそれぞれ自己ベストをマークし、三原は3位、樋口は5位につけた。

 参加国は2年前の前回大会3位の日本のほか、カナダ、ロシア、米国、中国、フランス。男女各2人とペア、アイスダンス各1組の順位ごとに与えられる得点の合計で争われる。

今、あなたにオススメ
Recommended by